はやぶろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやぶろぐ

福岡在住。自称はてなブログ1のスピッツファンが邦楽、旅先について語る雑記。

“はやぶろぐ”

『絶対にいけない世界の非公開区域99』よんでみた!面白すぎる!

スポンサーリンク

絶対に行けない世界の非公開区域99 著:ダニエル・スミス

訳:小野智子、片山美佳子

f:id:hayabusa8824:20170428203838j:plain

 

 

人間誰しも「〇〇やるなよ!?」と言われれば逆にしたくなる

 

絶対誰にも言わないでね!と言われれば言いたくなるし、

 

もうLINE 送って来ないで!と言われれば送りたくなる ...ハァ

 

 

この本との出会いも同じ

 

表紙「絶対に行けない非公開区域!

 

表紙「絶対に行けない非公開区域!

 

ぼく「絶対に行きたい!

 

そんなノリで買いました

 

 

 

どんな本なのか?

f:id:hayabusa8824:20170428203842j:plain

タイトル通り、一般人は絶対に立ち入れない世界の禁止区域 を集約した本

 

丁寧な図説、全ページカラーで読み応え十分です

 

それに絶対に行けないとは言っても航空写真は撮れるんだよね

 

読んでいる途中、

 

非公開区域なのにこんなに解説しちゃっていいの!?

見ちゃっていいの!?

 

って、なんかアブナイ事をしている感覚に陥りました

 

18歳の誕生日のそれと同じです。は?

 

 

 

読んでて特に興味深かった場所を紹介します

 

 

グーグル・データセンター

 

 我ら、ガーブロのミーカー「グーグル」のサーバー集積地帯!

 

普通に検索ヒットしてワロタ 

 

誰もが使ったことのある検索エンジン。

ここには、それに支障を出さないための膨大な数のサーバーが存在するらしい

 

立ち入り禁止はもちろん、超高度なセキュリティで守られていると。

 

 

グーグル「世の中の全ての情報を整理して、世界中からアクセスして使えることを目指しています。

 

なのに自社のデータセンターは非公開。なんじゃそれィ!

 

 

チェルノブイリ立ち入り禁止区域

こういう意味での立ち入り禁止区域も多々紹介されています

30年経った今でも研究者以外は立ち入らないのだとか

 

そういや福島にも立ち入り禁止区域がまだ有るんだっけな、

 

地球って想像以上に広いけど、空間は有限なんだよな。

0.0001%でも住めない場所を作ってしまったことは反省すべきだよ。それが積み重なったらオシマイだからね

 

 

このように人工的ではなく、偶発的に立ち入り禁止になってしまった場所もあるんです。

人類はこれを知らなでおくべきか!

 

 

太平洋のゴミベルト

f:id:hayabusa8824:20170428220922j:plain

 

太平洋の一角に世界中のプラスチックゴミが集積し

空から見ると「ベルト」をなしている場所があると。

 

その面積テキサス州の2倍だとか。

日本国土のおよそ4倍ですね。おそろしい

 

 

でも太平洋って誰のもの?

 

そりゃあ皆のものさ!」つってどこの国もこの問題に触れたがらない。

たぶん「遠い海のことなど知ったものか」って感じだろうね

 

もしこのプラスチックが海底油田だったら、こぞって取り合うだろうにね!

 

 

伊勢神宮 

 唯一日本が入っていた。

 

そもそも伊勢神宮って今の皇族の祖先である、天照大神を祀っているところで、

皇族のためのお宮らしい。本来一般人は参拝すべきでないとか。

 

そして「皇族出身の高位の神職」しか立ち入れない聖域があると!

 

日本人なのに知らなかった!

 

しかし一般人は立ち入れないし、撮影禁止。はぁ、残念だな〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがグーグル先生!丸見えないか!

 

そう、ここが内宮と言われるところで、伊勢神宮の聖域

 

同じ広さの場所が左右2ヶ所あるじゃん?

20年毎に、内宮を交互に建て替えてるらしい。最近では2013年に行われたのだとか

 

しかもそれが692年から続いているという。日本の伝説といってもおかしくは無い

今度日本書紀のマンガ版でも買ってみるかな。

 

 

 

ちょこっとリサーチしたら、内宮を参拝した方を発見!

japantemple.com

面白かったっ!

伊勢神宮行ったら俺もレビューするよ!

 

  

まとめ

 「海外旅行をして見聞を広めたい」と思っていても、それには限界がある

 なぜなら、世界中に立ち入り禁止立ち入り不可能な場所が存在するから。

 

今世ではゼッタイに行けない所について、学んだり、近くから覗いたり、そんなことをこの本を読むだけで体験できます

 

存在さえ知らなかった場所へ、許されざる場所へ、旅ができる! 

 

ちょっと暇潰したい時にもオススメっ