HAYABLOG

音楽記事を中心に、新曲、新著、ガジェット、日用品を気ままに紹介する雑記

【書評】たった2秒で最高の決断を。DaiGoの『直観力』を読んでみた感想



スポンサーリンク

f:id:hayabusa8824:20170615175511j:plain

 

本屋でこの本の表紙を見たとき

 

「すごく面白そうな本だな」

 

となんとなく直観で思いました

実際に読み始めると、ページをめくる手が止まらなくなり、一気に読み終わってしまった。今回の僕の直観は当たっていたようです

 

 

 

『直観力』ってどういう本?

日本一のメンタリストが初めて明かす、初の直観本。 直観は鍛えることのできる技術です。 直観とは脳がこれまでにインプットしてきた経験や学習のデータベースから、 無意識に答えを引き出してくる超高速の脳の意思決定のプロセスです。

引用元:http://amzn.to/2sCT427

 

 

直観という論理的で無いものを、論理的に解説している本です

 

また、直観を磨くためのトレーニング、生活習慣についても書いてあります

 

 

直観とは?

脳がこれまでインプットしてきた経験や学習のデータベースから、無意識に手がかりやヒントを見つけてそっと教えてくれる答え

引用元:『直観力』著:DaiGo P.24

 

つまり、知識経験があってこそ直観は生まれるのであって

何もないところから生まれる「ヤマカン」では無い、とのこと

 

自分では「なんとなく思いついた」と感じていても、実は非常にロジカルな思考によって生み出されたものであるらしい

 

 

 

人の直観は90%が当たる

本当にそうなのかな?

 

いくらそう言われてもなかなか信じにくい

 

しかし、この本では直観を信じても良い根拠をいくつか挙げられていました。個人的に腑に落ちた例をいくつか紹介します

 

  

一目惚れは信じても良い

例)アメリカで行われた調査では、出会って一目惚れしたカップルの約半数が結婚し、さらにそのあとの離婚率も男性が20%、女性が10%と驚くほど低かったという結果が出ている

 

約50%というアメリカの離婚率を考えればかなりの低さ

 

人は見た目が100%」なんてドラマもありますが、あながち間違いじゃないのかも

 

もし初対面でビビッとくる人がいたら、その直観は信じても良さそうですね!

 

 

 

フライを取れるすごさ
f:id:hayabusa8824:20170615184037j:plain

 

 

野球経験のある方は分かると思いますが、フライって慣れてしまえば意外と簡単ですよね

 

「ポーンと浮き上がったボールの軌道を見ながら落下地点に入る」

 

しかしDaiGoさんが言うには、この「軌道を見ている」間に、脳は複雑な微分方程式を解いているらしい。

 

これがDaiGoさんのいう直観の凄さ

 

野球選手は、物理学者が挑むような高レベルな計算を無意識のうちにやっている

しかも秒速で。ノイマンかよ!

 

 

これから野球中継の見かたが変わりそうだ....

 

 

直観力は鍛えられる 

本の後半部は、直観を鍛えるためのトレーニングコツ生活習慣について詳しく書いてあります

 

ざっくり言えば、直観力を鍛えるためには

 

  1. 直観に従って行動し、記録する
  2. 直観が正しかったかどうかをフィードバックする

 

この2つを繰り返すこと。

 

直観が当たろうが外れようが、必ずその確認をする。そうすることで自然と直観力は磨かれていくと言います

これをDaiGoさんはトライ&エラーと呼んでいる

 

スポーツしかり研究しかり、

失敗から学ぶことは何事にも共通なんですね

 

 

 

『直観力』を読んだ感想

直観力を読み終わって、まず「今まで多くの損をしてきたな」と感じました

 

今までは直観というものを信じてこなかったため、何を決断するにも長い時間かかっていました。いわゆる優柔不断なやつだったので

 

逆に身の回りの「できるヤツ」を見てみると、

自分とは対照に何事にもすばやく行動し、ダメだった場合はすぐに軌道修正している

 

 

これこそまさに「直観力」の差であると気づきました

 

 

直観力がある人、つまり素早く正しい判断ができる人は、行動が早く、失敗から学ぶことも回数も多い

それによってさらに直観力に磨きがかかっていく__

 

(実際にビジネスで成功している人ほど決断が早いという)

 

直観力を鍛え始めれば、このような良循環の中に入り込めるのではないか

 

 

そんな気もしてきています

「この本面白そうだな」と感じた僕の直観は、改めて正しかったと思えます

少しずつ直観力を磨いていこう。僕は 勘の鋭い人 になりたい!

 

 

まとめ

この本を読めば、あなたも自分の「なんとなく」という思考に自信を持てるのではないでしょうか

 

これから訪れる多くの決断の時のために、直観を磨いておくのもアリですよ

 

僕のように優柔不断な方、直観の存在を疑っている方には本当にオススメ!

 

 

また、

  • テストで良い点を取りたい
  • 競馬で一発当てたい
  • 運命の人を見つけたい

 

と思っている方にもオススメします。直観力を鍛えれば可能なことです

(実際にDaiGoさんはその可能性を否定していません)

 

 

本に興味が湧かなかった方も、ぜひ「なんとなく」という思考を大切にしてみてください