はやぶろぐ

福岡在住。スピッツ大好きブロガー。暇つぶしに本や音楽について書いています

“はやぶろぐ”

福岡の世界一「南蔵院」を知らないと損!福岡のオススメの観光名所No.1!

スポンサーリンク

f:id:hayabusa8824:20170319022730j:plain

「福岡の1番の観光地ってどこよ?」

って聞かれたら、私は今後「南蔵院」と答えるでしょう。

 

 

 南蔵院とは?何が世界一?

 南蔵院(なんぞういん)とは、福岡県篠栗町にあるお寺。南蔵院のある一帯は、空海ゆかりの篠栗八十八ケ所としても知られている。

ブロンズ製の涅槃像としては世界一の全長を誇る涅槃仏がある。

 

 大仏の中でも、寝転がられた形のお釈迦様を「涅槃仏」と呼ぶらしい

 

福岡に世界一があったんだ

 

これは行くしかない!

 

 

南蔵院へのアクセス

 博多駅 JR九州篠栗線(福北ゆたか線) → 城戸南蔵院前駅

 

博多駅から25分ほどで到着

駅を降りたら、山の中腹に涅槃仏の頭が見えます

 

南蔵院駅周辺

f:id:hayabusa8824:20170319024928j:plain f:id:hayabusa8824:20170319024942j:plain

 

f:id:hayabusa8824:20170319024920j:plain

先週の平日に行きましたが、外国人観光客が結構います。

世界中に知れ渡っている証拠ですね。日本人も行くべき!

 

 

全長世界一の南蔵院の涅槃像 

駅から徒歩5分。

一番の目的地には一番に行ってきました!

 

f:id:hayabusa8824:20170319025313j:plain

でかい!!

 

途中チラチラ視界には入っていましたが、間近で見ると迫力があります

 

既視感あると思ったら、休日にテレビ見ながら寝落ちしている親父

 

 

 

f:id:hayabusa8824:20170319025523j:plain

気持ち良さそう...

 

涅槃仏(ねはんぶつ)というのは、お釈迦様が煩悩のない境地に入っている状態のことらしい。タイなどによく有るとか

 

 

南蔵院の涅槃像の仏足(ぶっそく)

f:id:hayabusa8824:20170319025856j:plain

お釈迦様の足裏。

こちらも信仰の対象らしく、身体健康、開運が叶うとされています。

私もこっそりお願いごとしてきました。 

 

 

f:id:hayabusa8824:20170319025240j:plain

 

せっかくなので記念写真

このように大仏をバックに写真を撮ると、かなりシュールな一枚になります

 

 

金運アップの招き猫

f:id:hayabusa8824:20170319030046j:plain

ここの住職さんは、宝くじで総額1億3000万円当選されたそう。真偽は不明。

 

金運上げて億万長者!

とウキウキでおみくじを引いてきましたが......小吉;;

 

 

平家落人伝説(南蔵院)

f:id:hayabusa8824:20170319030259j:plain  f:id:hayabusa8824:20170319030319j:plain

 

壇ノ浦で敗れた平家が、右写真の岩の下に潜んでいたという伝説

 

落人伝説は九州の至る所にあるからフーンって感じ

 

しかし、岩がやたらデカい

 

こんなバランスを何百(千?)年も保っていることに、不思議な力を感じました

 

 

稲荷神社周辺

f:id:hayabusa8824:20170319031114j:plain f:id:hayabusa8824:20170319031128j:plain

f:id:hayabusa8824:20170321165049j:plain

 

境内には綺麗な池や滝もあり、所々を巡るだけで癒されます

 

 

その他の南蔵院の写真

f:id:hayabusa8824:20170321165032j:plain

パノラマも撮ってみました。

 

 

f:id:hayabusa8824:20170321165042j:plain

お腹触られすぎてピカピカになっております。

 

f:id:hayabusa8824:20170321165046j:plain

不動明王像もこれまた大きい!

すぐ近くにある落雷によって割れた大木には、カッコいい雷神様が掘られていました。

 

 

 

ダイブツ見に行ってだいぶ疲れたけど

南蔵院は敷地も広くたくさん歩き回れるので、よい運動になりました。

緑豊かな南蔵院。リフレッシュがてら参拝に来るのはいかがですか?

坂道、土道が多いので、訪れる際は歩きやすい靴でどうぞ。

 

 

関連記事