HAYABLOG

音楽を中心に、新曲、新著、気ままに書く雑記

「ライバルに勝つ記憶術」の本とかウサンくさいって思ってない?

 購入した「ライバルに勝つ 記憶術」著:池田義博

f:id:hayabusa8824:20170421223850j:plain

 

 

正直「記憶術」ってうさん臭いと思わない??

 

 

「そんな簡単に記憶力上がるんだったら誰でもやってる」

 

って思う方が沢山いるでしょう

 

僕もその一人だった。だから記憶術の本買ってみた

 

_人人人人人人人人_
> 店長オススメ 
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 

の一番売れてそうなやつ

その感想を書いていきたい

 

 

って若干俺写ってんな!?

 

 

 まずオレさぁ記憶力あんだけど、効果なくない?

記憶力は人並み以上にあんだよね〜

小学生の頃、1年前の給食のメニュー覚えてて、先生に驚かれたこともあるんだわ

 

 「ちょうど1年前、雪見だいふくがデザートだったよね」つって

 

 いや記憶力が良いのではなく、ただ嬉しかったから覚えてただけ

 

 

そう!人間って感情を揺さぶられた経験は忘れにくい

(エピソード記憶という)

 

原始時代、恐怖や苦しみといった感情が命に直結していたため、記憶に残ることが出来たのでした。

『"ライバルに勝つ"記憶術』著:池田義博

 

つまりこの本は「脳の性質や、記憶の仕組みを利用した記憶術」を紹介している、全くもって科学的な本なのです。

 

 

どういった記憶術があるのか

やっぱり気になるのはどういった術なのか?

もっとも有名な方法だけ解説してみる。

 

思考回路を強化する

人は何かを新しく覚えると、頭の中に新しい回路が作られる

 

例えば生まれたての赤ちゃん。リンゴ初めて見たとすると、

 

f:id:hayabusa8824:20170421230910j:plain

 

リンゴ ーといえば→ 赤い

 

といった回路ができる。

これは簡単な例だが、受験勉強等になると、より複雑な回路が必要になる

 

この思考回路を強化するのに必要なのが「復習

 

復習のメカニズム

思考回路っていうのはニューロンの繋がり。

 

少し生物を勉強した人なら分かるが、ニューロンには絶縁体が存在し、それを飛び跳ねるように電気信号が伝わっていく(跳躍電流)

 

髄鞘(ずいしょう)という絶縁体が「復習」することで成長していく。

それにより伝達速度が上がり、思考回路の性能もUPするというわけだ!

 

ちなみに有酸素運動をすることで、この成長の効果を高めることができるらしい

 

 

その他の有用な記憶術

  • 学習前のルーティーン
  • 呼吸法
  • イメージストーリーメソッド
  • イメージリンクメソッド
  • イメージペグメソッド...

 

などなど、多くの記憶術が紹介されている

f:id:hayabusa8824:20170421223844p:plain

 

読後には折り目がたくさんついてた

さすがに一回では全て吸収できない! 読み返したい部分が山ほどあったんだわ!

 

ちなみに背景は僕の太もも

 

注意点

勘違いしないで欲しいことは、

 

この本を読んでも あなたの脳のスペックは変わらない ということ

 

 

映像記憶ができるわけでも、

教科書のスクショを撮れる「カメラアイ」が備わる訳でもありません。

 

あくまでも記憶するためのが学べる本ということです。

 

 

個人的な感想

勉強以外にも活かせる内容がありました。

たとえばルーティーンとか。五郎丸ポーズは有名なルーティーンですよね

その詳しいメカニズム、やり方が解説してあり、僕は独自のルーティーンを作って日常生活に取り入れています。簡単なやつだけど

 

またグーグルの社員研修にも使われている「マインドフルネス」という呼吸法。

これが一番役に立っているかな?

 

今まで毛嫌いしていた分野の本だけあって、新しく知ることも多かったです

 

記憶とは長いお付き合いなんだから!

 

読んでみて損はないな、と思える一冊でした。

 

 

関連記事

私を変えた衝撃的な1冊