HAYABLOG

音楽を中心に、新曲、新著、気ままに書く雑記

はあちゅうの『言葉を使いこなして人生を変える』を読んでみた感想

 

ずっと気になっていたはあちゅう氏の書籍を初めて読みました

  

僕も将来は「フリーで作家活動!」なんて妄想をするんですが(半ば夢でもある)

 

それをすでに実現している方の本は読んで損はないかなと!

 

ツイッターで見かけて購入しました!

 

 言葉を使いこなして人生をかえる/著:はあちゅう

f:id:hayabusa8824:20170925150245j:plain

 

ミスった...どうせなら9月26日発売の最新作『とおりすがりのあなた』買うべきやった...

 

まあ両方買えば解決ですね。というより今回買ったこの本を読んで「通りすがりのあなた」も読みたくなりました。大分はあちゅう氏に興味が湧いております

 

 (結局kindle版で買って読みました!これの感想もまた後で書きたい)

f:id:hayabusa8824:20171020225055p:plain

『言葉を使いこなして人生を変える』はどんな本か

 

「言葉を使いこなして人生を変える」というタイトルだったので、

 

 

 

 

どんなもんじゃいと。

 

 

 

 

どんだけワイの人生変えてくれるんじゃと。

 

 

 

 

少し構えて本を開いたんですが、普通のブログ...のようなエッセイ集でした

 

ちょっとガッカリ。(タイトルのスケールでかいなぁ...)

 

 

でも実際に読んでみると胸に刺さる言葉がたくさん有り、

女性らしい文体に心がほぐされました

 

印象深かったところを少しだけ紹介させて頂きます

 

 

第5章 言葉に萌える

「お前は何もかもに低体温だ!」

と言われた時も、「なにそれ、面白い」とびりびり痺れた。-(中略)-

私の「単語萌えアンテナ」のど真ん中にガツンだ。

引用元:『言葉を使いこなして人生を変える』P.132-133

 

単語萌えアンテナ!! 僕にもある!!

 

僕が最近萌えた言葉は、

 

 

  • まるでミルク飲み人形のよう・・・得た知識をすぐべらべら喋る様子
  • ブイブイ言わす・・・派手にやってる様子
  • あの人とは「物理レイヤーが合わない」・・・性格が合わない

 

 

最後の「物理レイヤー」とは「コンセント」などを指すらしく、例えば iPhoneのライトニングケーブルでは、Androidスマホは充電できません。これを「物理レイヤーが合わない」と言うそうです

 

だから性格が合わないこと=物理レイヤーが合わない と言うらしい

 

 

そういう言葉に出会った時はメチャクチャ嬉しくなる

どっかで使ってやろう!」って思ってすぐ覚えられるんですよね

 

はあちゅう氏とは物理レイヤーが合いそうな予感がする

 

(そもそも「単語萌えアンテナ」って言葉に単語萌えするんですけど...)

 

 

第6章 書くということ

でも、私、先輩作家さんの言っていた、

「たまにいい文章を書く人だけでなく、とにかく、毎日書き続けられる人が勝ち残る」

という言葉を信じていて、書くことがない日に書けるのが作家だと思っているから、毎日修行と思って書いています

引用元:P.157

 

この部分を読んで1つ気付いた事があります

 

それは、毎日続けて「成功する人」と「成功しない人」の差。

 

きっと成功しない人はただ続けているだけで、

 

成功する人は修行(目的を持って内容ある事)をしている

 

 

当たり前っちゃ当たり前ですが。

 

 

つまり!

 

「継続は力なり」

 

ではなく

 

修業は力なり」 これが真理だと気づきました

 

だから叶えたい夢があるなら毎日「修業」すべきなんですね

 

 

肩の力を抜いて読む本

最近は小説や自己啓発本()など張り切って読書をしていたせいで、はあちゅう氏の独特な柔らかい文体が入り込みづらかったです

 

「さあ読むぞ!」と張り切るより肩の力を抜いて、友達の話を聞く感じで読むといいと思います。その方が言葉たちも入ってきやすいでしょう

 

 

 あとがき

 『言葉を使いこなして人生を変える』は、はあちゅう氏の半生を覗くって感じで楽しむ方法もありますね。今でこそ活躍する方にもこういう経験があったんだな〜と、だいぶ親近感が湧きました

 

あとエピソード満載なので活字ばかりでも飽きません。細かく章が別れているので、スキマ時間に数ページ、という風に読み進められます

 

はあちゅう氏に興味がある方はぜひ手に取ってみてください

 

きっといろんな言葉との出会いがあると思います