はやぶろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやぶろぐ

福岡在住。自称はてなブログ1のスピッツファンが邦楽、旅先について語る雑記。

“はやぶろぐ”

私を変えた衝撃的な1冊

スポンサーリンク
f:id:hayabusa8824:20170328210836j:plain

みなさんにも影響を受けた本が1冊や2冊有るのではないでしょうか。

 

私が最初に影響を受けた本は、国語の教科書です。

小学生の頃読んだ「ちいちゃんのかげおくり」や「ごんぎつね」など、

死を題材にした物語は10数年経っても覚えています。

 

 

今日は読んだ本の中で「もっとも私に変化を与えた本」を紹介します。

 

 暗算の達人

f:id:hayabusa8824:20170328210639j:plain

著:アーサー・ベンジャミン&マイケル・シャーマー

訳:岩谷宏

 

感動できる名作を期待した方、すいません。

しかしこの本に出会ってしまったおかげで、私の生活は90度回転してしまいました。

 

なぜこの本を買ったのか?

高校時代、私の担任は数学の先生。しかも3年間。

 受験を控えた高3の頃でした。担任が、

 

「え〜〇〇 × 〇〇か。◯◯〇〇だな」

 

と問題を解く過程に出てきた2桁×2桁を暗算したのです。

 私はうそだろ?と思ってノートに検算、もちろん答えは一致。

 

「暗算って魔法かよ...」

そんな印象を抱いた私は、魔法使いになるべくこの魔本を購入。

高校を卒業してすぐの春休みでした。

 

 

暗算ができていくオモシロさ

最初にこの本が届いた日は、狂ったように読みふけった。

 

しかし全体の2/3ほど読んだとき、急にページをめくる手が止まった。

3桁×2桁がどうしても出来ない... 

当時の脳のスペックでは、ここが限界。

 

出来るようになったこと

高校を卒業したばかりの私でも

  • 2桁×2桁
  • 曜日計算
  • 2桁の整数になる平方根の求め方(4225の平方根→65 など)

はしっかり習得できました。今でも5秒ほどで答えれます。

 

この本では5桁×5桁の暗算方法まで紹介されています。

もちろん私にはできません。

 

 

インド式とは違う

2桁×2桁をするとき、インド式はいくつかのパターンを覚えなければなりません。

 

私もインド式計算の本を読みましたが「一の位が〜で、十の位が同じ時〜こうする」みたいなパターン練習に挫折してしまった経験があります。

 

しかしこの本で紹介されているやり方だと、たった1パターン覚えるだけでどんな計算にも対応できるんです。

 

意外と誰でも気がつくようなやり方。目からウロコでした。

 

 

生活が変わった

  1. なんでも暗算したくなる病気になった (例:月と日の掛け算)
  2. 布団中で暗算しながら寝落ちするのが日課
  3. さりげなく友人の前で披露してしまう 
  4. 友人の誕生日を改めて聞き出し「○曜日か...」とボソッと言う

 

暗算のおかげで不眠症が治りました。

 

ただ3、4については嫌われる可能性があるので、やりすぎは禁物です(体験談)

 

 

さいごに

正確さが必要なときは電卓を使うべきです。

じゃあ暗算できても意味ないじゃん。」と言ってしまう方とは友達にはなれそうにありませんね...。

 

「暗算は魔法」などと言いましたが、結局は自己満足のために学んだ、っていうのが大きいです。

曜日計算ができると初対面の人との話のネタにもなるので、皆さんも学んでみては?

脳トレ、短期記憶の向上も図れます。