HAYABLOG

音楽を中心に、新曲、新著、気ままに書く雑記

スピッツ「雪風」の歌詞の意味は?勝手に考察してみた

f:id:hayabusa8824:20170316011115j:plain

 

 

 

雪風のジャケットについて

40枚目となるシングル「雪風

 この曲はダウンロード配信限定ということで、僕も発売日には、午前0時に配信サイトへ行き購入した記憶があります。

 

CDも歌詞カードも無かったんですがジャケット写真はかなり草野さんのこだわりが有ったそうです。

 

ジャケットの撮影場所というのは、ノルウェーの「スピッツベルゲン島

その島のロングイェールビーンという街。

 

 

このジャケットに対する熱い想いは、こちらの記事にまとめてみました。

お時間ある方はぜひ読んでいただきたいです。

 

 

 

 スピッツ/ 雪風 の歌詞 冒頭 意味は?

まばゆい白い世界は続いてた また今日も巻き戻しの海を

エイになって泳ぐ

 

「巻き戻しの海」っていうのが草野さんらしい表現です

 

私はこの部分を「見たことのあるような世界・同じような日常」と解釈しました

 

陸上生物なら、歩くと表現できますが、ふわふわとのんびり過ごす魚(エイ)だからこそ、泳ぐにしたのかなと

 

エイとかマンタ(オニイトマキエイ)とか、スピッツの歌詞にはエイがたくさん登場しますね

 

 

「現実と離れたとこ」とは

現実と離れたとこにいて こんな風に触れ合えることもある

もう会えないって 嘆かないでね

 

ここは様々な解釈が生まれる箇所であると思います

 

「こんな風に」ってどんな風にでだろう。現実と離れたとことは?

 

 私が考えたのは「ネットの世界」でした

 

今では会えない距離にいても、テレビ電話だったりメールの送受信も簡単に出来ますよね

 

 

雪風のサビ解釈

お願い夢醒めたら 少しでいいから

無敵の微笑み 見せてくれ 

 

この歌詞の中でいちばん好きな部分です

 

「頑張れ」も励ましの言葉もいらない、ただ笑顔を見せてくれたら頑張れるんだ!

 

みたいな気持ちを歌ったのだろうか。大切な人の笑顔というのは不思議な力がある

 

昔は可笑しな事を言って好きな女の子に笑ってくれただけで1日中ハッピーでした

 

そんなピュアピュアな時期に戻りたい(遠い目)

 

 

雪風のCメロ解釈

そして轟々と吹雪の中を凍えながら歩いているような、ゆっくり歩を進めている想像ができます

 

 草野さんの透き通った声がメロディーとマッチしていて、スピッツの醍醐味が凝縮されている部分です

 

聴いているとまるで草野さんの口から雪が吹雪いているかのような感じがします

 

スピッツ / 雪風の関連記事