HAYABLOG

音楽を中心に、新曲、新著、気ままに書く雑記

『海でのはなし。』を見た感想。スピッツ×西島秀俊×宮崎あおい【2006年】

f:id:hayabusa8824:20170316020502j:plain

作品紹介

監督・脚本:大宮エリー

主演:宮崎あおい、西島秀俊

音楽:スピッツ

公開:2006年12月16日

上映時間:71分*1

監督の大宮エリーがスピッツの楽曲にインスピレーションを受けて製作した映画。

スピッツのシングル集『CYCLE HIT』のCMを手掛けた事がきっかけらしい。

スピッツの曲が元になっているため、挿入歌にはスピッツの曲がたくさん使われている。

 

使用された楽曲

  • 正夢
  • スカーレット
  • 水色の街
  • 青い車
  • 遥か
  • ホタル
  • ロビンソン
  • スパイダー

 

 

ネタバレなしの感想

出来るだけネタバレしない程度に書いていきます。

 

ストーリー

明るいラブストーリーを想像していましたが、実際はけっこう重たい内容でした。

お互い両親に対して闇を抱えている楓(宮崎あおい)と博士(西島秀俊)

話が進むにつれて、徐々に縮まっていく二人の微妙な距離感にドキドキします。

 「誰も触れない 2人だけの国」という言葉がぴったりでした。

 

ただ、気になる部分もいくつかあります。

シーンが移るところでBGMがぶつ切り。BGMとセリフが重なって、聞き取りづらいところなど。

映画のクオリティーとしては高いとは言えません。 

 

それと70分は短すぎましたね。

映画よりドラマと言った方が近いです。

スピッツの長編ミュージックビデオって感じもします。

 

キャスティング

キャスティングはストーリーと同じかそれ以上に注目です。

 

宮崎あおい

現在では「二階堂ふみ」という宮崎あおいそっくりの女優さんがいますが、僕は断然宮崎あおい推しです。

そこまでファンではなかったけど、この映画を見て惚れ直しました。

彼女の声や表情には、独特な雰囲気が漂っており、妙に惹きつけられます。10年前にこの映画を見ておくべきだったな...

宮崎あおいファンの方には是非見てもらいたいです。

 

朝ドラの「純情きらり」が終わった後の撮影らしく、演技に関しても全く違和感を感じませんでした。

撮影当時は20歳なのか...改めてすごい。

 

 

西島秀俊

大学の理系非常勤講師の役なんですが、「理系男子」っぽさが出てて面白いです。

論理的に考えているつもりで、普段から素っ気ないけど、恋をすると意外と情熱的だったり。どことなく草野マサムネさんっぽさも感じました。

もしマサムネさんがミュージシャンではなく、一般人だったらこういう感じなのかな、と映画を見ながらふと思いました。

 

スピッツと西島さんのコラボと言えば「僕とスターの99日」

あのドラマも面白かったなぁ。また見たい。

  

 

まとめ

  • 宮崎あおい(20)が可愛い!
  • 西島秀俊のキャラも見所!
  • スピッツファン、宮崎あおいファンは必見!

 

無料で見れるサイトを紹介

なかなかDVDを借りる機会もなく、ようやくネットで見ることが出来ました。

海でのはなし。が見れるサイト↓ 

 

『海でのはなし。』が見たくて登録。

 他にも「モテキ」「蛇にピアス」「清須会議」などを見ました。

「君の名は。」監督、新海誠さんの「秒速5センチメートル」もオススメです。

(無料期間中に退会する予定ですが...w)