はやぶろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#はやぶろぐ

福岡在住。邦楽、旅先について語る雑記ブログ。

“はやぶろぐ”

三輪テツヤが作曲した曲全て調べてみました

音楽 スピッツ
スポンサーリンク

f:id:hayabusa8824:20170316015019j:plain

奇抜な外見で、ちょっとだけ浮いている三輪テツヤ氏。

スピッツの楽曲のほどんどは草野マサムネさんが作詞作曲していますが、作曲については、他のメンバーが作ったものも存在します。

きょうは三輪テツヤ氏が作曲した曲をまとめてみます。

 

 月に帰る

1stアルバム『スピッツ』収録

三輪氏によれば「歌が始まってもずっとアルペジオを弾いているというのをやりたっかった」らしい。

イントロのキラキラした感じが好きです。

横浜サンセット劇場版を観に行ったとき、初めて月に帰るのLIVEバージョンを聴きました。あの時の感動は今でも忘れられません。草野さんの後ろに満月を映しだす演出は最高でしたね。

タイトルから想像して、「かぐや姫」がモチーフなのかなと思っています。

 

 

死神の岬へ

1sタルバム『スピッツ』収録

f:id:hayabusa8824:20170316015055j:plain

歌詞の1行1行が暗い。

リズミカルメロディで明るい曲だと思っていましたが、歌詞をじっくり読んでからはイメージが逆転しました。

死神の岬=自●スポット?

「青白い素顔」とか「ガードレールのキズ」とか、歌詞にもに関係ありそうなフレーズが色々含まれています。解釈も様々ありそうですね。

 

 

鈴虫を飼う

2thアルバム『名前をつけてやる』収録

自身の方向性を「ライド歌謡」と評していた頃の曲。rideというのは当時草野さんが影響を受けていた海外バンド。その流れを受け入れつつ、歌謡っぽさ(個性)もあるこの曲は、独特な雰囲気を放っています。

三輪さんのノスタルジックなメロディに草野さんの少しくぐもった声。たまりません。

「ライド歌謡ってなに?」という方はこちら


 

 

リコシェ号

3rdアルバム『惑星のかけら』収録

インスト曲で歌詞はありません(ゴゴッゴーリコシェーと歌う部分はありますが)。メンバーの演奏を純粋に楽しめる曲です。三輪さんが作曲したせいか、ギターが大活躍しますね 笑

因みに、僕の部屋では専ら作業用BGMになっています。

歌詞がない上、アップテンポなので洗濯や掃除が捗ります。皆さんにもおすすめです

 

 

花泥棒

7thアルバム『インディゴ地平線』収録

f:id:hayabusa8824:20170316015156j:plain

割と短い曲ですが、ライブでは盛り上がるそう。

仮タイトルはアパガード。三輪さんが「花泥棒〜」のところを「アパガード〜」と歌ってたかららしい。(因みにアパガードとは歯磨き粉の商品名です)

wikiによれば三輪さんがボーカルをとった音源も存在するらしい。

ライブとかで歌ったことはありそうですけどね。一度でいいから聴いてみたい。

 

 

宇宙虫 

9thアルバム『ハヤブサ』収録

 

アルバムを全通しで聴くと気付くんですが、「宇宙虫」のアウトロは「ハートが帰らない」のイントロと繋がっています。本当に曲の境目がわからないくらい自然に。

宇宙虫は、ハートが帰らないのイントロの一部なのかな?

でもこういった遊び心のある曲いいですよね。

 

 

まとめ

三輪テツヤ氏が作曲したのは

  • 月に帰る
  • 死神の岬へ
  • 鈴虫を飼う
  • リコシェ号
  • 花泥棒
  • 宇宙虫

なんともクセになる曲が多い。イントロに関して言えば、草野さんより三輪さんの作るイントロの方が個人的には好きです。

そういえば「ロビンソン」のイントロは三輪さんにより作曲されたらしいですね。他にも部分的に作曲した曲があるのかも。

最後に作曲したのは2000年発売の宇宙虫(『ハヤブサ』)。10年以上三輪氏の作曲がありませんが、また作曲:三輪徹也という文字が見れることを楽しみにしています。

 

関連記事