はやぶろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやぶろぐ

福岡在住。自称はてなブログ1のスピッツファンが邦楽、旅先について語る雑記。

“はやぶろぐ”

ロックバンド「スピッツ」僕が初心者にオススメする曲7選!【後編】

スポンサーリンク

f:id:hayabusa8824:20170316013828j:plain

前編をまだお読みでない方はこちら

 

 

スターゲイザー 

週間オリコン1位を獲得した通28枚目のシングル。

JーPOPバンドと認識されがちなスピッツですが、こういうロックな楽曲もたくさんあります。

聴いていると体が熱くなり走り出したくなるような曲。

そして今年(2017)の1月にSUBARU FORESTER のCMソングに抜擢されましたね!こちらに詳しく解説してみました。 

 

 

さわって・変わって

福岡県民にはおなじみの曲。歌詞に「天神駅」が出てきます。

ミカンズのテーマ(10th album『三日月ロック』収録)には「泡盛」、野生のポルカ(14th album『小さな生き物』収録)には「武蔵野」など、ご当地のワードが色んな曲に入っております。

また、ノリノリな曲調でカラオケでも十八番にするファンは多いのではないでしょうか!?

バラード曲ばかりではなくアップテンポで激しい曲もたくさんあるんです。

因みに歌詞に出てくる天神駅の改札口にも行ってきました。

 

 

ルキンフォー

これまで何度もこの曲に助けられた経験があります。

風向きはいきなり 変わることもある

珍しい生き方でもいいよ 誰にもマネできないような

32nd single「ルキンフォー」より

 スピッツの魅力は幅広く解釈できる歌詞にあります。草野さんは「こういうストーリーの曲だよ」と曲の解説は一切しないため、自分で解釈してストーリーを作ることができるんですよね。

これが僕がスピッツにハマった理由かもしれない。

よく言えば「自分の都合のいいように解釈できる」

草野さんの創る歌詞には不思議な力があります。曲は聴かずとも、歌詞掲載サイトでスピッツの歌詞巡りをすることもオススメです。

 

 

まとめ

スピッツの魅力は

  • 個性的なメンバー
  • 情緒豊かなメロディ
  • キャッチーなCMソングも多数
  • ロックな曲も多い
  • 幅広く解釈できる歌詞 

 だと個人的に思っています。聴けば聴くほどハマるバンドなので、様々な曲を聴くにつれて良さや魅力が分かってきます。

公式サイトでいろいろ聴いてみてください!

www.youtube.com 

関連記事