HAYABLOG

音楽を中心に、新曲、新著、気ままに書く雑記

ゲスの極み乙女。のアルバム『両成敗』聴いてみてのレビュー。と一言物申す。

f:id:hayabusa8824:20170202210420j:plain

 

先週中古で購入したゲスの極み乙女。のアルバム『両成敗

 

発売は2016/01/13日であり、約1年経過した後の購入となりました。いつか買おうと思って1年経ってました

 

昨年はかなりお騒がせなグループでしたが、つい先日ボーカルの川谷絵音さんが活動休止を発表しゲスの極み乙女。もそれ以来活動はしてないみたいですね

 

今日はタイトル通り、アルバムを聴いてみた感想を書いていきます

 

 

 

 両成敗を流し聴きしてみた感想

さっそく愛用のMacbookに取り込んで全部の収録曲を聴いてみました

 

各々が複雑な演奏をしているのに、しっかり音はまとまっている

曲の雰囲気と川谷絵音さんの声がマッチしていて、どれも耳に馴染みやすい曲でした

 

また、曲順もしっかり考えられているなぁという印象を持ちました

一番最初の曲は「両成敗でいいじゃない」その次は「続けざまの両成敗」というように一曲一曲が続いている(あくまでも僕の感想)ような気がします

 

ドラムのリズムカッケェ...と、ほな・いこかさんに惚れ惚れ。

 

 

ボリューム満点の収録

ちょっと驚いたのが収録曲の多さ。なんと17曲も収録されております

え、そんなもん? 

僕がこの前買った他のアーティストのアルバムは13、4曲だったけど

 

好きなアーティストの新譜を聴く時ってタマりませんよね!

 

熱狂的ゲス極ファンも方はきっとそうだったはず。因みに僕は熱狂的スピッツファンです

 

シングル曲も4曲入っているので聴き応えありましたよ!

 

タイアップ曲が多い!

タイアップ曲は5曲、しかし1つの楽曲に複数のタイアップが付いているので幾つのCM、主題歌、挿入歌に使われたかは数えられませんでした

 

それほど人気がすごかったってこと。確かに一度聴いたら忘れられないメロディーが多い

 

やっぱり川谷くんは作曲の天才。僕もアルバム買ってから何度もリピートしてます

 

 

○倫のテーマソングにするな!

言いたいこと一つ目

 

昨年は芸能人のスキャンダルが「ゲス○倫」と呼ばれ流行語にもノミネートされました

 

ある日の情報番組でその特集をしていた時、ゲス極の楽曲をあたかもテーマソングかのように流していたんです

 

「ソウイウことしちゃったけど、その使い方は無いんじゃないの?」と思いました

 

川谷くん本人はどう思っているか知らないけど、一ファンとして良い気分しなかった

 

まあそういうイメージ付いちゃったのは仕方ないか...

 

 

無駄な先入観は捨てるべき

ボーカルの川谷くんが色々とやらかしましたが、本当に「イイ音楽」を探している人は一度、全ての先入観を捨ててみてください

 

川谷くんの言動と楽曲を切り離してみると、ゲスの極み乙女。の良さがわかると思います

 

ゲスの極み乙女。って本当に演奏力が高いバンドです。語彙も多く、遊び心もある楽曲ばかりです。ぜひ頭をまっさらにして聴いてみてくださいね

 

  

関連記事